(テーマ6)酷道    

このテーマでは、「酷道」に焦点を当てました。
テーマ1で示した「国道」に持つイメージは一般的にどう考えますか?
 ★地域の道路交通で基幹になる路線
 ★片側1車線の交通は確保されている
 ★歩道,ガードレール,道路標識などが整備されている
 ★急坂,急カーブを少なくし、必要に応じてトンネルや橋梁がある
などあげられます。大半の国道はそうですが、中にはその正反対の実情を持つ路線もあり、それを「酷道」と呼んでいます。
「酷道」というのは「酷い状態の国道」を皮肉的に言った俗語です。しかし、書籍が出版されたり、道路地図や国会発言などでも取り上げられていることから、かなり広く一般的な言葉として現在は普及されつつあります。
同じように県道=「険道(=危険な道)」,府道=「腐道(=腐った道)」,市道=「死道(=死亡事故に遭うような道)」など皮肉った当て字がそれぞれありますが、都道府県道でも「酷い道」の代名詞として「酷道」を用いることも多いです。

(6−1)酷道の種類
酷道だけを選りすぐって探検する「酷道マニア」は、私のようにまんべんなく全ての国道を走りたいという人より多いみたいです。「酷道」で検索するだけでたくさんのWebサイトに行き当たります。私もいろいろ楽しみながら読まさせていただいていますが、「酷道」でもいくつかのパターンに分かれることがわかりました。

パターン 内容 具体例(国道)
点線国道 国道が峠を挟んで分断しているような区間は22路線ありますが、不通区間を持つ国道全てに該当するのではなく、車の往来は分断されていても、林道や登山道などで歩行者(その気になれば自転車も…)は往来できるような道が存在するもの(国土地理院の地形図には国道として色をつけている場所もある) 152号線,291号線
305号線,403号線
417号線など
狭路の峠道 点線国道のように登山道ほどでもないが、車の往来がなんとかギリギリ確保できるぐらいの道しかなく、峠をショートカットするトンネルも、わずかな距離しかないため、そこまでに上り下りするのが大変な道。
急坂,急カーブは当たり前、崖崩れにも注意が必要で、大雨の後は度々道路崩壊による通行止も多い。
全国的に有名な酷道はほとんどがこの部類に入ります。
157号線,265号線
308号線,425号線
439号線など
狭路の海岸・峡谷 海岸線,峡谷沿いで道路幅が確保できずになんとか車の往来ができる道。当然ながら落石(積雪地区ならなだれ)の発生確率も高く、Bと同じように悪天候の後は通行止になりやすい。 226号線,352号線
388号線など
軒下酷道 これは街中にある国道ながら、住宅スレスレの道幅しかないような狭い道で、中には商店街のアーケードで昼間は車両通行止になっているようなものもあります。 170号線(旧道)
166号線,324号線など

(6−2)有名な酷道(国道編)
日本の国道459路線の中で、酷道として有名なものをまとめて一覧にしました。他のページと同じく地区ごとにまとめております。
酷道レベルはその「エグさ」によって三段階に分けています。★★★は「日本10大酷道」と私が名付けたとっておきの10路線で、素人ドライバーは決して行こうとしないこと。★★を難なくクリアできる運転技術を持ってから臨んでください。★はプチ酷道みたいなもので、路線の大半は2車線以上の普通の道路です。(パターンAで車が通ることができない道は、ハイキングで歩いて行くか、マウンテンバイクで行ってください)
青色に塗っているのはイカロス出版から発行している「酷道をゆく」というムック誌にも掲載されています。
赤色に塗っているのは同じく「酷道をゆく 2」というムック誌に掲載されています。
「実走済み」のマークは酷道区間と呼ばれている区間を走行したかどうかの履歴です。分断区間の両端までは行ったけれど、自動車通行不能区間を実際に見ていない場所は「★」マークをつけていません。

日本最恐酷道トップ3といわれる路線は、人によって違いますが、だいたいは以下の意見でまとまっています。
 @国道418号線(東海北陸) A国道157号線(東海北陸) B国道425号線(近畿)
四国最恐の439号線,九州最恐の265号線,甲信越最恐の352号線がそれに続く路線でしょう。国道418号線はダム建設に伴うバイパスが順次開通しており、全通すればただの国道になるためこのリストから外れる可能性もあります。
北海道は走っていないので何ともいえないのですが、いろいろな酷道サイトを見てもありません。現時点では「なし」の判断です。

地区 路線名 パターン 酷道の内容 酷道レベル 実走済
東北 国道101号線 追加指定された能代〜秋田間は正しく走行することが困難な狭路区間が多数存在しています。
国道112号線 月山〜湯殿山は月山道路が開通しているが、自動車専用道路のため旧道の六十里越も国道として健在しています。狭いとはいってもまだ初心者でも走りやすい感じです。
国道286号線 山形道が並行しているが笹谷峠の区間はかなりキツい峠で、通年で崩落通行止の時期もありました。1年の半分は積雪通行止で強制的に高速道路を走ることになります。 ★★  
国道289号線 八十里越えの区間が点線国道となっている。現在3,173mのトンネルを建設し、不通区間を解消できるようにする予定。以前にあった甲子峠の登山道は4,345mのトンネル開通により解消  
国道340号線 標高780mの立丸峠と標高530mの押角峠が急カーブ,狭路で困難を必要とさせられている ★★  
国道399号線 すれ違いが困難な山間部の狭路区間が続く、地味な酷道。距離が長いだけにキツい、。 ★★
国道401号線 国立公園である尾瀬沼を通る登山道が国道の分断区間になるため、この区間が道路で繋がることは未来永劫ありえないと思います。  
国道458号線 B,D 国道唯一かもしれないダート峠が残されています。また軒下酷道の区間も存在しています。 ★★  
首都圏 国道139号線 追加指定された大月〜奥多摩間の松姫峠こえがエグいくらいの悪路で、3066mのトンネルが建設中 ★★
国道410号線 房総半島の中を抜ける狭路が残っている。素堀りのトンネルも名物になっています。
東海北陸 国道143号線 青木峠越えのルートは歴史こそ古いものの、狭路と急勾配・急カーブのため交通量が少なくなり、254号線などの並行ルートがあるため道路改良はする予定がない模様
国道152号線 A,B 青崩峠,地蔵峠の2つの分断区間を持ち、登山道としては存在している。行き止まりまでの道路が全く手をつけないでいるため、落石などがゴロゴロしている。(車は林道で迂回可能) ★★
国道157号線 「落ちたら死ぬ!」という強烈な看板や、数ヶ所ある洗い越しで有名。現在も土砂崩れで長期間通行止めになっている区間があり、手つかずの状態 ★★★
国道158号線 県境を越える標高1790mの安房峠越えは、ヘアピンカーブが芸術的にきれいですが、狭路がゆえに行楽シーズンは立ち往生で渋滞を起こし、冬は当然ながら閉鎖されていました。現在も本線は安房峠越えですが中部縦貫道の安房峠トンネルが開通し、通年走行が可能になっています。 ★★
国道256号線 A,B 国道152号線の接続点から小川路峠を越える区間が点線国道となっている。474号線の自動車専用道路は建設されているが、256号線としては手をつける気はなさそう。  
国道291号線 谷川岳付近の清水峠が点線区間だが、登山道も崩落して歩行者すら通行が不能の状態 ★★  
国道299号線 標高2,127mの麦草峠は快適な高原道路だが、あとから追加指定した標高1,351mの十石峠のほうが元林道なので、狭路がキツい。 ★★  
国道352号線 A,B,C 魚沼市大湯〜檜枝岐村までの枝折峠区間は強烈な狭路が続き昔はダート酷道であった時期や、時間帯で一方通行規制が入っている時代もありました。甲信越最恐の酷道と言っても過言ではないと思います。また、新潟県の花立峠区間は点線国道区間になっています。 ★★★  
国道353号線 十日町〜津南町までの信濃川沿いの区間は狭路が続き、大型車は通行不可。県境越えの不通区間は歩道もない  
国道360号線 A,B 悪名高き標高1289mの天生峠はちょくちょく崖崩れで通行止めになります。 ★★  
国道362号線 静岡県にはまだまだ狭路の区間が多く残されていて走りにくい
国道403号線 A,B 元々は県道であった路線をつぎはぎしているから、道路改良が進まず狭路で残っている区間が多い。しかも国道の長さで21番目に入っているからタチが悪い。 ★★
国道405号線 A,C 県境越えの不通区間は歩道みたいなものはあるものの、危険を要するような道で、長野県側は狭路でかつ有数の豪雪地帯 ★★  
国道417号線 分断区間を冠山林道がつないでいるが、当然狭路区間で走りにくい。現在6,000m級のトンネルを建設中 ★★  
国道418号線 A,C 「キングオブ酷道」と言われ、多くの酷道ファンに愛着がある。不通区間はない扱いになっているが、恵那〜八百津は事実上の廃道で車の通行は不能。ダム湖に沈むため新道が開通すれば、後述の「かつての酷道」にリスト入りすることになるかもしれません。 ★★★  
国道469号線 富士宮〜山梨県南部町に抜ける桜峠は大型車の通行が困難なレベル。酷道レベルとしては初心者向け
国道471号線 B,C 楢峠は冬期は積雪で閉鎖,夏期は大雨などによる災害通行止めで、通年を通して通ることができる期間がほとんどない。 ★★★  
国道473号線 B,C 愛知県〜静岡県の山の中を大廻りするルートで狭路区間も多数残っている。完走するには狭路区間の多い362号線を80kmも走らなければならない ★★  
国道476号線 A,B 大野市から池田町に抜ける「丁坂」と呼ばれる狭路はかなりの悪路で冬期も除雪困難なため閉鎖されています。また不通区間の段ヶ岳峠は大坂と呼ばれる歩道はあるのですが、たった数キロの開通は目処も経っていない状況
近畿 国道25号線 B,D まさか二桁国道に酷道?と思っていますが、名阪国道と並行する旧道区間(天理〜関)は、現在も国道のまま存在しており、各所に狭路が残っている。柘植〜関は採石場で大型ダンプも通行するため、アスファルトが剥がれかけて半ダート状態。
国道166号線 大阪府区間でナビがなければ、正しくトレースするのが困難な軒下酷道がある。終点付近は駅前商店街で車両通行禁止の場所もある。奈良県の大和高田市内にも一方通行区間あり。
国道169号線 七色ダム,瀞峡付近では、不通区間の名残で狭路が残っているが、順次改良中。
国道170号線 大阪外環状線の新道に並行する旧道で、軒下酷道が各所に残っており、近鉄瓢箪山駅付近はアーケードのため夜間以外は歩行者専用道路になっている。
国道308号線 B,D 近畿三強酷道の一つ。暗峠越えの区間は大阪府側が国道最大急坂で有名。また峠が石畳で、奈良県側も至る所に軒下酷道が残っている。 ★★★
国道309号線 これも近畿三強酷道の一つ。行者還林道をそのまま国道にしたから、当然狭路で崖崩れもおきやすい。 ★★★
国道311号線 尾鷲〜熊野間の海岸線は、かつては不通区間ももっていた筋金入りの酷道でしたが、2001年に曽根梶賀トンネルで全線開通し、狭路もなくなりつつありますが、熊野市甫母という漁港町には大型車を通行禁止にする狭路があります。
国道368号線 仁柿峠は8t車以上は通行禁止の狭路区間。バイパスは建設しているものの進展なし。
国道371号線 A,C 橋本から高野山への道路は大型通行禁止に規制され、分断区間が2つもある。また古座川町辺りの道路も狭くて走りにくい ★★
国道422号線 A,B 伊賀市より南側で2つの不通区間を含み狭路が多数存在する。トンネル崩落により迂回路設定だけで10年以上も放置されている場所もある
国道424号線 B,D 海南市〜有田川町への生石高原の裾を通る区間は大型車はムリなくらいの狭路で、軒下酷道(一方通行でないのがすごいくらい)も少し残されている。
国道425号線 B,C 200km近い全区間が狭路という日本三大酷道の1つ。近畿では最恐レベル。年間を通じて降水量が多く、度々土砂崩れによる通行止めがあり、一部区間は冬期閉鎖になる。 ★★★
国道429号線 県道をつぎはぎして1つの国道にしたようなもので、全長254kmもある中で、単独区間になっている区間の大半が大型車が通行困難な狭路になっています。 ★★
国道477号線 花脊峠のV字交差点と百井越えの急坂が有名。 ★★
国道480号線 大阪・和歌山県境の鍋谷峠越えと高野山から南側の狭路区間が標高も高くかなり走りにくい ★★
国道482号線 氷ノ山越えの不通区間を林道で結んでいるが、自動車が通るのが非常に困難なレベル ★★
中国四国 国道193号線 A,B 192号線より南側の区間はほぼ全線にわたり、山間部の峠道で、通行止めにもなりやすい。雲早峠の区間は国道の指定から外され県道になっている。 ★★  
国道319号線 徳島県三好市〜愛媛県四国中央市の金砂湖はダム湖の狭路区間が続く ★★
国道378号線 八幡浜〜宇和島はリアス式海岸の断崖をぬうように狭路が続く ★★  
国道438号線 四国国道最高地点の見ノ越(標高1,410m)を通る断崖区間が続く酷道 ★★★  
国道439号線 B,C 上記438号線の見ノ越が実質の起点となり、京柱峠,杓子峠や檮原川沿いの狭路区間と強烈な区間ばかりを持つ、四国最恐の酷道。「ヨサク」の愛称がある。 ★★★
国道441号線 B,C 愛媛県側の桜が峠から土屋峠越えの峠道と高知県側の四万十川沿いの狭路区間が結構きつい
国道488号線 標高960mの三坂峠越えがガードレールのない狭路区間となっている。 ★★  
国道490号線 笹目峠の区間が悪路すぎて山口県が「通らずに県道を迂回せよ」という標識がある。
国道491号線 490号線の方が話題にはなっていますが、実際走ってみると491号線の方が北部にかなり厳しい狭路が残っている。  ★★
国道494号線 四国を縦断する酷道で、標高980mの黒森峠が最大の難所 ★★  
九州 国道226号線 追加指定された枕崎市以西の海岸線で狭路区間が存在し、緊張感を持たせる道路になっている。
国道265号線 九州最恐の酷道と恐れられ、小林〜西米良〜椎葉の区間が強烈な狭路で、崖崩れも放置状態。大雨の度に通行止めにもなる ★★★
国道324号線 長崎市内にアーケードが国道になっているため、車両は夜中の5時間しか通行できない。
国道327号線 椎葉村に近づくほど峡谷の崖をぬうような狭路になる
国道385号線 有料道路の東背振トンネルでない旧道区間の峠道はかなりの狭路・急坂で大型車は通行が困難です。佐賀県内の軒下酷道みたいな場所は解消されました。
国道388号線 B,C 国道265号線とセットで走りにくい狭路が続く。こちらは海岸線区間も狭路が多数残る ★★
国道445号線 五木村と美里町を結ぶ標高1100mの二本杉峠はかなりの狭路で、特に美里町側は断崖の急坂路線となっています。 ★★
国道447号線 えびのから伊佐への県境峠越え区間に狭路があり、ほとんど車も通らない感じ
国道496号線 国道500号線と交差する原峠に行橋方面から登る道が非常に狭い
国道503号線 単独区間のほとんどが狭路で、飯干峠への上りは相当きついものがあります。 ★★

(6−4)かつては有名であった酷道
昔は有名な酷道でしたが、時代の流れと共にバイパスなどが開通して普通の国道になり「走り」のおもしろみが欠けてきた路線も数多くあります。
昭和57年に国道が追加指定されて、449号線までになったときは、日本の国道の1/3は「酷道」の扱いを受けるような状態であったと思っています。そこまでは遡ることはありませんが、私がこの国道制覇を手がけた2002年辺りを基準として、すでに酷道ではなくなってきた路線を以下に挙げていきます。

地区 路線名 内容
(上段:酷道時代の内容 下段:現在)
酷道レベル
パターン
実走済
東北 国道121号線 山形県/福島県の県境を越える大峠区間はダートも残っているくらいの激しい路線でした。 B(★★★)  
長さ3940mの大峠トンネルが開通したために、旧道の崩落部(山形県側)は復旧させずに廃道になりました。大峠道路も取り付け道路が開通し、旧道は国道の指定を外れており、山形県側は実質的に廃道となっています。  
首都圏 国道140号線 県境を越える雁坂峠は標高2082mのハイキングコースでした。峠付近にはこの登山道の真ん中にトイレがあるということで話題になっています。 A(★★)  
国道では最長級といわれる6625mの雁坂トンネルが開通し、不通区間を解消しています。  
東海北陸    国道260号線 かつては不通区間も存在していたが、漁港町をつなぐ峠道がすべて狭路で急坂の連続でした。また街中も軒下を走る区間が多くありました。 B,C(★★)
ほとんどが2車線の道路になり、峠道はトンネル・迂回路でアップダウンをなくしています。最大の難所であった錦峠も紀勢南島トンネルの開通で走りやすくなりました。  
国道365号線 いなべ市内に民家の間をすり抜ける軒下酷道があり、大型車はもちろんのこと、普通車も通り抜けるのが大変な場所もあった。 D(★★)
員弁バイパスが全通したため、四日市〜岐阜県境まで2車線で不通に走れるようになりました。
旧道は国道指定から外されているところと、現在も国道のまま残っている区間があります。
 
近畿 国道178号線 丹後半島を一周する区間は、狭路の連続で、特に伊根町の舟屋に沿った軒下酷道の狭さはなんともいえないレベルでした。 C(★)
経ヶ岬周辺に狭路が残っていますが、ハイライトの伊根町市街地は伊根トンネルを含めたバイパスが完成し、市街地の旧道は国道指定から外れています。  
国道421号線 滋賀−三重県境の石榑峠から三重県側はあまりの急坂と狭路のため、その区間の両端に幅2mちょうどのコンクリートブロックなる関所を設置していました。マニアでは有名な「石榑ブロック」です。 B(★★★)
長さ4157mの石榑トンネルが開通し、酷道区間が解消されただけでなく、冬期閉鎖区間もなくなり通年走行が可能になりました。旧道は崩落のため三重県側が廃道となり、国道の指定から外れました。  
四国 国道440号線 単独区間がほとんどないくせに、標高1080mの地芳峠は冬期閉鎖の急坂・急カーブの狭路で、難所といわれてきました。 B(★★)   
2010年に長さ2990mの地芳トンネル開通により難所の区間はほぼ直線的になり、通年走行も可能になりました。旧道も現時点では国道として残っており、四国カルストの観光客のためにも廃道とはならないでしょう。     
九州 国道219号線 人吉〜西都の西米良村を通る区間で断崖渓谷の狭路区間が多数残っており、土砂崩れによる通行止めも発生しやすかったです。 C(★★)
道路拡張・トンネルなどによるショートカットの工事が進み、ほぼ全区間において2車線通行が可能になっています(2013年の走行で確認)

(6−5)有名な酷道(京都府道編)
全国の都道府県道レベルでは、上記国道の例に示したような酷道は五万とあります。京都府道317路線の中で選りすぐりの酷道を以下に紹介します。(主地=主要地方道 一般=一般府道)
区の名前しか書いていないものは、「京都市」と考えていただいて結構です。

主・一般 路線名 パターン 内容 酷道レベル 実走済
主地 10号線(大山崎大枝線) 所々にすれ違い困難な狭路軒下区間が残されているが、一番えぐいのは長岡京市から大山崎町に入るところの狭さは中途半端ではない
主地 31号線(西陣杉坂線) 通称「京見峠」越えの区間は急坂・狭路の割に地元のショートカット車両が結構通るので、すれ違いが大変 ★★
主地 35号線(大津淀線) 山科区内の「旧奈良街道」と、伏見区内の「師団街道」「京町通」が軒下酷道で、後半は南行きの一方通行になっている
主地 38号線(京都広河原美山線) 特に難所は京都市から南丹市美山町に抜ける佐々里峠で、狭路の急坂になっているため、冬期は完全閉鎖される場所です。
主地 40号線(下鴨静原大原線) B,D 上賀茂の深泥池を北に行ったところに狭い軒下酷道と25%の強烈な急坂が存在
主地 50号線(京都日吉美山線) A,C,D 嵯峨野めぐりの住宅街は観光客をかわしながら走る軒下酷道。そこから保津峡を経て水尾に抜ける道は、かなりの狭路。南丹市美山町には登山道もあり ★★★  
主地 61号線(京都京北線) A,C 雲ヶ畑の集落までは気の許せない狭路が続く。祖父谷峠は登山道で車両の通行は不可能。 ★★
主地 62号線(宇治木屋線) 宇治田原から和束に抜ける犬内峠と最後に国道163号線に下りるところの狭路がきつく、大型車は当然ムリ。
一般 104号線(高野修学院山端線) 北白川の住宅街,詩仙堂付近を走る軒下酷道。一部は「曼殊院道」と呼ばれる
一般 106号線(神山岩倉停車場線) 左京区岩倉の住宅街を走る軒下酷道
一般 107号線(雲ヶ畑下杉坂線) 持越峠を越える区間で、狭路の峠になっている。
一般 110号線(久多広河原線) B,C 左京区久多の集落に通じる道路だが、狭路ゆえに住民の大半は滋賀県(=国道367号線)から入るのが普通になっている。全線で携帯電話が使えない秘境。 ★★  
一般 115号線(伏見港京都停車場線) 通称「竹田街道」。伏見区旧市街地で一方通行によって南行と北行が分かれている区間がある。北行は元々の市電の線路跡。
一般 116号線(渋谷山科停車場線) 地元では「渋谷街道」といわれている道で、山科区内に軒下酷道がかなりある
一般 117号線(小野山科停車場線) 並行して走る広い外環状線が市道で、府道は「醍醐道」と呼ばれる軒下酷道
一般 118号線(勧修寺今熊野線) 通称「滑石越」。1号線の抜け道で普通車が離合困難な箇所もある。
一般 123号線(水垂上桂線) 桂川の右岸を通る堤防上の道路で地元では抜け道になっているが、土手の両側はほとんどガードレールがないので飛ばしすぎると転落する
一般 124号線(三栖向納所線) C,D 宇治川の堤防上はガードレールがないため、飛ばしすぎると転落する危険もある。外環状線・1号線は直進で抜けられない変な道路
一般 129号線(花園停車場大将軍線) 通称「妙心寺道」。商店街を走る軒下酷道
一般 136号線(大覚寺平岡線) 長刀坂と呼ばれる峠越えは自動車通行禁止区間  
一般 142号線(沓掛西大路五条線) 「旧山陰街道」と呼ばれる9号線の抜け道で軒下酷道区間が多数ある
一般 201号線(中山稲荷線) 3箇所に狭路(=軒下)のため一方通行区間が存在する。
一般 207号線(上久世石見上里線) 南区久世,向日市内を走る軒下酷道。
一般 208号線(向日善峰線) 途中に通る竹藪の区間はある意味は京都らしいが対向車が来たら最悪です。
一般 281号線(八幡城陽線) 大半の区間が住宅地を通る軒下区間になり、木津川は時代劇で有名な流れ橋そのものが府道で車両の通行はできない
一般 321号線(和束井出線) 和束町側の峠道のヘアピンカーブが急カーブ,急坂状態になっている
一般 361号線(上黒田貴船線) 貴船を越えた先からの芹生峠区間は崖崩れなど放置プレイ状態 ★★
一般 733号線(柚原向日線)
[大阪府道区間もある]
B,D 金蔵寺への上り坂が強烈な幅狭の悪路 ★★
一般 782号線(醍醐大津線)
[滋賀県道区間もある]
A,B 醍醐寺〜横嶺峠の区間は登山道で車両の通行はできない
笠取地区の山中もすれ違い困難な狭路が続く
★★★